Home » コト | ニュース » チリの奇跡|Miracle of Chile

チリの奇跡|Miracle of Chile

ニューヨークのブルックリンに住むリカルド・ミランダ・ズニガからメールを受け取ったのは、先週だった。少しポリティカルな匂いのするメール。最初は少し戸惑っていたが、彼とメールをするうち、このプロジェクトに興味を抱くようになった。
ノーベル経済学賞受賞者としても知られるミルトン・フリードマン。彼が1980年代から2000年代にかけてチリ国内で行った新自由主義的改革、いわゆる「チリの奇跡」は、結果的に現在のチリを豊かにしたのだろうか? そんな疑問を街の人に投げかけ、ディスカッションを行うアートプロジェクトが、リカルドによる「Miracle of Chile(チリの奇跡)」だ。


チリのサンティアゴの路上で拾ったタイルの上に、電子基板が付着している。スイッチを入れると、液晶画面には次のメッセージが表示される。1・「Please use the dial to read instructions(説明を読むためにダイヤルを使って下さい)」2・「Find an interesting person.(面白そうな人を見つけてください)」3・「Ask the person what is the Miracle of Chile?(その人に「チリの奇跡」って何かと尋ねてください)」4・「Reset the dial and give it to the person.(ダイヤルをリセットし、その人にこれを渡してください)」。

チリに限らず、昨今の不況により人々の生活は苦しくなっている。そんな中、かつては「チリの奇跡」と呼ばれた新自由主義的な経済改革に疑問を抱く人々も少なくはない。それはチリに限った話ではなく、わたしたちの住む日本も、新自由主義がベースとなっている。

ある人から見れば、非常に単純な電子基板。しかし、この小さな電子基板が、このアートプロジェクトでは、人々の「いま」に対する秘めた思いを打ち明けるきっかけとなっている。チリの人々を精神的にも復活させるために、かつての「ネオリベ」から、新しいイズムを皆で生み出す時期にさしかかっているのかも知れない。

この「Miracle of Chile」は、8月14日から9月19日まで、イグナシオ・ニエトによるキュレーションで、The Museo Nacional de Bellas Artes, Mall Plaza Vespucioにて活動する予定。

Miracle of Chile

チリの奇跡/wikipedia
新自由主義/wikipedia



Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://unsorted-jp.com/inspiration/2010/0830153843/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
チリの奇跡|Miracle of Chile from クリエイティブWebマガジン| unsorted