Home » コト | ニュース | ヒト » Gedichterbe | サウンド・ポエトリー ドイツ 詩と歌の遺産

Gedichterbe | サウンド・ポエトリー ドイツ 詩と歌の遺産

AGFとして知られるアンティエ・グライエ=リパッティが来日します。

「Gedichterbe – サウンド・ポエトリー ドイツ 詩と歌の遺産」は、ドイツ人アーティスト、アンティエ・グライエ=リパッティが、ドイツ語の詩歌と言語の遺産を、エレクトロニック・ミュージックを通じて探索するプロジェクト。11世紀のドイツ語による最初の女性詩人FrauAva から、18 世紀古典主義の詩人、エルゼ・ラスカー=シューラー、パウル・ツェランといった20世紀のユダヤ系の詩人たち、そして現代の実験詩人アン・コッテン(1982 年生まれ)まで、時代を超えて選び抜かれたドイツ語の詩歌の数々を取り上げます。

Photo: © Tatu Blomqvist

アンティエ・グライエ=リパッティは旧東ドイツ出身のヴォーカリスト、デジタルソングライター、プロデューサー、パフォーマー、電子詩人、カリグラファー、デジタルメディア・アーティスト。この20 年間にフルレングスのレコード20枚をリリース、世界各国で300を超えるパフォーマンスを行ってきた。パートナーのヴラティスラフ・ディレイことサス・リパッティとともにフィンランドの小島、ハイルオトを拠点に活動している。
詩をエレクトロニック・ミュージック、ポップソング、カリグラフィー、デジタルメディアなどに変換した作品の数々は、ライブあるいはインスタレーションとして、ヨーロッパをはじめ北米、アジアの美術館やギャラリー、路上、劇場、コンサートホール、クラブなどさまざまな空間で発表されている。2011年には、東京のICCで rasternotonのアーティスト3人と共に出演している。
(以上、プレスリリースより)

Gedichterbe
サウンド・ポエトリー ドイツ 詩と歌の遺産 
国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013
TPAM in Yokohama 2013 TPAMディレクションPlus 参加
TPAM パスをお持ちの方は、割引料金にてご入場いただけます。
当日パスをご提示の上、チケットをお買い求めください。
アーティスト名: アンティエ・グライエ/ Antye Greie aka AGF
公演日時: 2013年2月14日㊍ PM8:00/ (Thu) Feb. 14th, 2013 PM8.00
会場:BankART Studio NYK
料金:一般1500円 TPAMパス特典1000円
予約・前売り:カンフェティ
BankART Studio NYK
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9
TEL : 045-663-2812 FAX : 045-663-2813
TPAM 横浜みなとみらい線「馬車道駅」
6 出口[赤レンガ倉庫口] 徒歩4 分

http://www.bankart1929.com/access/index.html



Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://unsorted-jp.com/inspiration/2013/0104144035/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Gedichterbe | サウンド・ポエトリー ドイツ 詩と歌の遺産 from クリエイティブWebマガジン| unsorted