Home » コト | ニュース | ヒト » 坂茂 ー 建築の考え方と作り方

坂茂 ー 建築の考え方と作り方

1957年に東京で生まれ、クーバー・ユニオン建築学部を卒業。現在は、京都芸術大学芸術学部環境デザイン学科教授の坂茂の展覧会「坂茂 ー 建築の考え方と作り方」が水戸芸術館にて開催されます。

坂茂は、80年代に再生紙でできた「紙管」に着目し、多くの研究と開発を経て「紙の家」や「ハノーバー国際博覧会日本館」を実現させたり、また一方でその素材が安価でどこでも入手できるという点を活かし「紙のログハウス」や「避難所用簡易間仕切り(Paper Partition System)」といった災害支援へと発展させました。

この水戸芸術館での展覧会では、坂の初期の作品「紙の家」から代表作「ポンピドゥーセンター・メス」、日本初の試みとなった3階建ての「コンテナ多層仮設住宅」、さらに進行中のプロジェクトまでを、写真、映像、模型、モックアップで辿りながら、自然災害といかに向き合っていくかが問われる現在、建築と建築家に何ができるかを探ります。

坂茂 ー 建築の考え方と作り方
2013年3月2日(土)ー5月12日(日)
水戸芸術館現代美術ギャラリー+水戸芸術館敷地内
開館時間:9時30分ー18時(入館は17時30分まで)
入場料:一般800円、前売り・団体(20名以上)600円、中学生以下、65歳以上、障碍者手帳をお持ちの方と付き添いの方は無料



Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://unsorted-jp.com/inspiration/2013/0216131255/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
坂茂 ー 建築の考え方と作り方 from クリエイティブWebマガジン| unsorted