Home » ニュース » ヒト

\\ ヒト

t.v.0D by kick.snare.kick.snare | Glitch

画面に映し出される、今は亡き某著名漫画家の映像。次第にグリッチを伴い変質していく。

reading..

Def “Deaf” Izakaya “Fusao” | Tokyo Guide

There are a lot of Izakaya (Japanese bar) in Tokyo. But here the place is special. “Fusao” in Okubo. (You can check Map).

reading..

GLI.TC/H bumper by UCNV

GLI.TC/H bumper by UCNV.

reading..

Burka Blue

アフガニスタンのガールズバンド。隠蔽とロマン。戒律と自由。

reading..

ITERATING MY WAY INTO OBLIVION by Carlo Zanni

いわずもがな、ネットは表現者にとっても重要なフィールドである。作品を発表することはもちろん、意見を交わしたり、時には感情を放出したりできるメディアである。もちろんそこで重要なのは、インターネットという機能を使ったYouTubeやFacebookといったサービスの存在だ(人によるが)。しかしながら、いざ制作した作品をネット上で公開しようとするときに、知らず知らずのうちに数多くの制約を受けることになる。発信者は、アップロードしたと同時に、各サービスのこまごまとした規約に同意させられ、契約を結ばれる。

reading..

フィル・ティペットの偉業

レイ・ハリーハウゼンの偉業もさることながら、わたしたちが忘れてはならないのは、スターウォーズ帝国の逆襲や、ロボコップで活躍したフィル・ティペットの偉業も同時に忘れてはならない。

reading..

ハリーハウゼンの偉業

はじめて、ハリーハウゼンの映画を観たのは、確か『アルゴ探検隊の大冒険』だった。もちろん、劇場ではなく、当時一斉に街に登場したレンタルビデオ店でダビングしてもらったものを、である。当時はまだ著作権にいまほどうるさくはなかった。1970年代当時、日本でも恐竜ブームとなり、アニメと実写を混ぜ合わせた『ボーンフリー』に代表される円谷プロ制作の恐竜三部作シリーズなどが話題になった。しかし、当時の自分にとって、このレイ・ハリーハウゼンの映画のリアリティに勝るものはなかった。

reading..

自分より長生きする作品

『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコーアンジュリニアン戦争の嵐の物語』という長い長いタイトルの全15巻の書物には、ヘンリー・ダーガーが19歳のときから執筆をはじめ、およそ11年間に渡って創作された「戦争」の物語が約1万5000ページにわたって描かれている。

reading..

文学は50年遅れている

「言葉をずらせ 言語線を切れ」とは、かのウイリアム・S・バロウズの言葉である。彼は「文学は50年遅れている」として、絵画で使われていたモンタージュという手法を文学に適応し、カットアップという手法を生み出した。彼の死後もなお、バロウズの言葉は圧倒的な迫力を保持している。

reading..

新しい世界

わたしたちが普段使う言語。その言語を成り立たせている論理の多くは、西洋からのものだ。わたしたちは、普段、他者と対話をする際、論理を使う。しかし、その論理の歴史的な成り立ちをよく見れば、攻撃性を秘めていることがわかるし、そもそも競争原理に基づいたものであると言える。

reading..